What is CP (Japanese)

脳性まひ(CP)制限すべき行動を引き起こす、発達途上である胎児、または幼い脳に起こった非進行障害で制限すべき行動を引き起こす、展開している胎児の、または、幼い脳に起こった非進行的障害の結果と考えられる動きと姿勢の発達の疾患群として説明する。 脳性まひの運動の異常はしばしば感覚の障害、認識力、コミュニケーション、知覚、そして/または、ふるまい、てんかん発作 (バックス他、2005)

脳性まひの発生頻度はどもの年令作られている。 特に、医学の既往歴のない脳性まひをもっている子ども関しては診断遅れがしばしばある。 西洋の世界では、脳性まひ発生頻度は1000に対して2人の子どもである。

異なるタイプ

中枢神経システムの機能不全によって引き起こされた、運動障害の存在するため、診断必須のである。動きのタイプは3つの主なグループで分類される。

直型脳性麻痺。

ここで、少なくとも次の3回の兆候のうち2必修である:

· 異常な姿勢/または運動

· 増加する筋緊張(変化しやすく存在している場合がある)

· 病的反射(ババンスキーに従った病的/または反射)

失調型脳性麻痺:

· 異常な姿勢/または運動

· 標準の損失はコーディネーションを強引に押し進ませて、そうは超測定基準(意図活動の目的の行方不明者)dysdiadochokineticsのような異常な強さ、リズム、および精度がある動き(すばやく動きの指示を交替するようにできないで)である。

過剰運動型脳性麻痺:

· 休息でも異常な姿勢/または動き、不本意な運動

· 不本意で、非制御で、反復性、時々ステレオタイプ運動

緊張型脳性麻痺:

低動揺型:ゆっくりとした運動

過緊張:他動運動における非速度の依存する筋トーヌス亢進

過剰運動脳性麻痺(以前は、舞踏病アテトーゼ型脳性麻痺と呼ばれた)

過剰運動型(激しい運動)

低緊張

緊張型と過剰運動型2つのコンポーネントの運動特性時間内に変化することがある。その理由で、過剰運動型の中に緊張型を追加するほうが好ましいと考える

局在性

痙性による運動の異常には一側か両側がある。

在性更なる細分化は信頼性を減少させる。 脳性麻痺の診断の記述では、一側であるか両側で十分であるだろう。一側麻痺には片麻痺か単麻痺があり、両側麻痺には両まひ(上肢よりも下肢に影響を受ける)と三肢麻痺(上肢は等しくであるさらに両下肢よりも影響を受け)"plegia"という用語は完全麻痺を意味する。 しかしながら、上位運動ニューロン疾患ではそうであるはずがない何らかの筋活動がいつも存在している。今でも国際的にはまだあちらこちら使用されていが、"plegia"という用語が適切でない。

Gross Motor Classification System

Gross Motor Classification System(GMFCS)によると、移動性に関する運動の異常を分類できる。 5つの異なったレベルに脳性麻痺をもっているすべての子どもを分類できる:

レベル1:

制限なしに歩く:(、ジャンプ、ホップ)における制限だけ

レベル2:

制限を伴って歩く屋外と家の周囲を歩くときに制限がある。

レベル3:

手もつ移動器具を使用して歩く:そして、家の周囲を移動器具を用いて歩くときに制限がある

レベル4:

制限を伴っての自力移動:どもは、手押し型車椅子で移送されているか、またはか電動車椅子を使用する。

レベル5:--
援助の使用があっても自力で動くことは厳しく制限される。

We use cookies to ensure that you have the best experience on our website. If you continue browsing, we’ll assume that you are happy to receive all our cookies. You can change your cookie settings at any time.   Close